iPadアプリで簡単にリハビリ・ロコモ予防・個別機能訓練を実施できる「モフトレ」

IoTを活用した高齢者の自立支援サービス「モフトレ」実証実験を開始しました。

株式会社Moffと、株式会社三菱総合研究所および株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団による、ウェアラブルIoTを活用した高齢者の自立支援サービス「モフトレ」は、デイサービス、サ高住、老人ホーム、特養などのお客様に対して、高価な器具や、スペース、人手をかけずとも、簡単にリハビリ(個別機能訓練)・ADL/ロコモ予防トレーニングを実施することができる、iPadアプリです。

レスパイト型のデイサービスを、きっちりリハビリ(個別機能訓練)やADLを行えるリハビリ・デイサービスにしたい事業者様に大変魅力あるサービスとなっています。

モフトレ



Moffバンドが自動記録



モフトレの利用方法

「モフトレ」は、自立支援につながる運動を高齢者に楽しく続けてもらうための新しいプログラムです。

手首や足首に取り付けたMoff Band(3Dモーションキャプチャが可能なウェアラブル・センサー)から、運動やレクリエーション等による体の動きのデータをリアルタイムに取得し、その動きをタブレット端末上に表示します。

『Moffバンド』を使った個別機能訓練(トレーニング)やリハビリ、ロコモ予防トレーニング・ADLの活動結果はユーザー毎のマイページに自動で記録されます。過去の時系列的な履歴と今の成果を簡単に比較可能で、一日の活動結果をユーザー毎に表示します。

自動で記録されたリハビリ・トレーニング(ロコモ予防・ADL)の結果を見ながら、次のトレーニングを考えたり、反復練習したりして、自立した生活の達成を支援します。

トレーニングやレクリエーションの活動結果を「見える化」することで、日頃の運動の成果をわかりやすくユーザーに伝えることができ、マンネリ化しがちな運動を、もっと楽しく、より長く継続することができます。



現在、βトライアル中につき、無料でお使いいただけます。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。



モフトレβトライアル



「モフトレ」公式ホームページ

http://www.moff-training.jp/

今後の予定

株式会社MoffがMoff Bandの提供とアプリ開発、早稲田エルダリーヘルス事業団が運動プログラムの作成、MRIが実証実験の全体管理を担当し、開発を進めます。