IoTベンチャーMoffがAging2.0の日本代表に選ばれました

最終選考6社の中から最優秀賞を受賞

株式会社Moff(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高萩 昭範、以下「Moff」)は、2017年4月26日(水)に開催された「AGING2.0 TOKYO GLOBAL STARTUP SEARCH-」において、最終選考された「6社」の中から最優秀賞を受賞、日本代表に選ばれたことをご報告いたします。

日本代表のMoffは、11月14日〜15日にサンフランシスコで行われる「AGING2.0 OPTIMIZE 2017」への出場をかけて、5月以降に実施されるオンライン投票による準決勝に進みます。

Moff代表、高萩 昭範からのコメントです。

---


患者さんだけでなく、支える家族みんなが元気に笑顔になることを頑張ります!


高齢者の自立支援・回復を正面から本気で取り組みます!

今回の最終選考では、皆様からの「高齢者の自立支援・回復に関する熱い期待」を感じ、非常に嬉しく思っております。
直近は、今回ピッチを行った「モフトレ」をデイサービス様・老人ホーム様向けに提供いたします。

また、今後は海外展開も視野にいれ、日本だけでなくグローバルな課題「認知症予防」にも、Moffは全力で取り組んでまいります!

引き続き、Moffへの応援・ご支援をよろしくお願いいたします。

---

▼株式会社Moff
http://jp.moff.mobi/
「子供からお年寄りまでが、より明るく健康的な生活を送ることに貢献する」をモットーに、自社ウェアラブル端末「Moff Band」を開発。3次元での動作認識と運動・認知能力評価をベースとした教育・健康・ヘルスケアのためのアプリ・コンテンツ配信・データ分析基盤を提供するIoTスタートアップです。

株式会社Moff



▼モフトレ
http://www.moff-training.jp/

2017年4月3日から実証実験を開始した、自立支援につながる運動を、IoTの力で高齢者に楽しく続けてもらうための新しいヘルスケアサービスです。
Moff Band(3Dモーションキャプチャが可能なウェアラブル・センサー)を腕や足に装着していただき、体の動をリアルタイムに計測、タブレット端末上に表示します。
データを視覚化することで運動の効果を実感しながら、楽しく運動を続けられることを目指しています。

モフトレ