IoTとウェアラブル端末による高齢者の自立支援サービス「モフトレ」をリリース

認知症の方や、要介護度の高い方でも運動が可能!

株式会社Moff(モフ:東京都千代田区、代表取締役社長 高萩昭範)と株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長 森崎孝 以下「MRI」)および株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団(代表取締役社長 筒井祐智)は、モフのウェアラブルデバイス『Moffバンド』を使い、IoTを活用した高齢者の自立支援サービス「モフトレ」の提供を2017年8月4日から開始しました。


【サービス名】モフトレ (商標登録申請中)
【提供開始日】2017年8月4日
【詳細URL】http://www.moff-training.jp/
【説明動画】

【料金】
初期費用30万円、月額利用料2万円 ※初期費用は下記を含むセット価格
iPadアプリ『モフトレ』 / iPadセルラーモデル1台 / LTE月額回線利用料(2年間分) / Moffバンド5本 / ディスプレイやTVへの接続用HDMIケーブル1本 / HDMI変換アダプタ1本






1. 「モフトレ」のサービスの概要
「モフトレ」は、リストバンド型のウェアラブルデバイス「Moff バンド」(加速度や角速度から3Dモーション等を計測できるセンサー、発売済み)を利用して、高齢者の運動データをリアルタイムに把握し、体力維持・トレーニングに役立てるサービスです。
通所介護事業所や居住型施設等向けにご提供する、高齢者の自立支援につながる運動を楽しく続けてもらう新しいプログラムで、体の動きはタブレット端末(iPad)に表示され「施設スタッフ」や「施設利用者さま」と、そのご家族など皆様で確認することができます。


2. 開発の経緯と今後の取り組み
2016年12月、MoffとMRIは、ウェアラブルIoTを活用したウェルネス新サービスの事業展開を目的とする業務・資本提携を締結しました。これに介護予防プログラムで豊富な実績のある早稲田エルダリーヘルス事業団が加わり、高齢者の自立支援を目指した「モフトレ」の開発を進めてきました。

  • 18カ所で実施した実証実験では、参加した介護事業所の多くから、「利用者の方が楽しんで運動してくれた」「データを視覚化することで運動の効果を実感しやすい」などのご評価をいただいています。

  • 未来投資戦略2017※1では、「高齢者自立支援に向けた科学的介護の実現」を目指しており、科学的分析に必要なデータ収集の重要性が高まっています。Moffは、「モフトレ」を通じて蓄積したデータをもとに、科学的な効果の検証や新たなサービス開発に取り組み、高齢者の自立支援に貢献してまいります。※ 1 未来投資戦略2017:IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)、ロボットなどの先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れることで、さまざまな社会課題を解決する「Society 5.0」の実現に向けた政府の施策(2017年6月9日に閣議決定)。


「モフトレ」には、以下の3種類のトレーニングがあります。これに対応する合計約20種類のプログラムを開発しました。

  1. 日常生活動作トレーニング:トイレの立ち上がりなど、日常生活に必要な動きの練習

  2. ロコモ予防トレーニング:筋力をつけ、転びにくい体づくりを目指した手足の曲げ伸ばし運動

  3. みんなでモフトレ(レクリエーション):ゲーミフィケーション要素を取り入れた楽しい集団運動


介護事業所等の職員の方の業務負担(トレーニングやレクリエーション等のプランニング、各種記録業務等)を軽減し、楽しく、効果的なサービスを提供します(プログラム数は随時更新します)。

Moff バンドを使ったトレーニングの結果は、利用者ごとのマイページに自動で記録され、過去の時系列的な履歴の確認が簡単にできます。
運動結果を数値やグラフで「見える化」することで、日頃の運動の成果をわかりやすく利用者やケアマネジャーに伝えることが可能です。
また、この記録は、「個別機能訓練加算」など、介護報酬の加算請求時等の参考資料としても活用することができます。



<参考資料>
モフトレについて


2025年に、団塊の世代が全て75歳以上となる、いわゆる『2025年問題』を控え、日本の介護のあり方が問われており、2018年の「診療報酬と介護報酬ダブル改定」でもこれらの課題への対応策が求められています。

なかでも、とりわけ重要とされる「高齢者の自立支援」という課題に対して、通所介護(デイサービス)や、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅(サ高住)など、様々な介護事業者様にご活用いただけるサービスとして、『モフトレ』は開発されました。

実証実験中からも、ワールドビジネスサテライト(WBS)トレンドたまご(トレたま)や『日経デジタルヘルス』はじめ、TVや新聞・雑誌等、多数のメディアで紹介され、「AGING2.0 TOKYO GLOBAL STARTUP SEARCH」※1でも最優秀賞を獲得し、日本代表に選出されるなど、注目をいただいておりましたが、今回の正式販売開始により、「高齢者の自立支援」に貢献するサービスとなることを期待しております。

※1 シニア市場に特化した米国のヘルスケアアクセラレーター『Aging2.0』が全世界30都市以上で展開しているビジネスコンテストの日本大会



▼ADL(日常生活動作)の改善に直結したトレーニングプログラム
『個別機能訓練加算』の取得を想定した、「歩行」、「お風呂に入る」、「トイレに行く」など、利用者の目的やニーズにあわせたプログラムを用意しています。アウトカム評価につながる、個々の「ADL(日常生活動作)の改善」に直結した機能訓練・トレーニングが実施可能です。

ロコモ予防トレーニング

日常生活動作_ADL



▼要介護度の高い方や、認知症の方でも運動が可能
モフトレは器具なし、省スペースで実施できる、自重によるトレーニングのため、今までなかなか運動することができなかった要介護度の高い方や、認知症の方でも無理なく運動を継続することができます。「脳トレ」や「シニアヨガ」など、認知症予防につながるコンテンツも、標準で用意されています。


脳トレ


脳トレ_カウント運動



脳トレ_数字記憶01

脳トレ_数字記憶02


シニアヨガ


シニアヨガ




本発表に関するお問い合わせ先:
株式会社Moff (http://jp.moff.mobi/
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-17 ヨシダFGビル 4F
【内容・取材に関するお問い合わせ先】
電話番号:03-4405-5216(受付時間:平日10:00-18:00)
メールアドレス:info@moff.mobi
担当:園野・土田




株式会社Moff(本社:東京都千代田区、http://jp.moff.mobi )
オリジナルウェアラブル端末「Moff バンド」を中心とする独自の3Dモーション認識技術、データ解析技術を組み合わせて、子供から高齢者までの教育・フィットネス・リハビリ活動を、より楽しく続けたくなる体験に転化するアクティブ・ゲーミフィケーション・プラットフォームを企画・開発・販売しています。

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、http://www.mri.co.jp )
日本屈指の総合シンクタンクとして、企業経営、社会インフラ整備、教育、医療・福祉、環境、資源・エネルギー、安全防災、先端科学技術、ITなどのさまざまな領域において、お客様の抱える高度で複雑な課題の解決策の提案から実行までを支援しています。

株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団(本社:東京都港区、http://www.waseda-e-life.co.jp/ )
早稲田大学エルダリー・ヘルス研究所の協力のもと、運動プログラムはエビデンスを重視し、リハビリではなく「運動習慣を身に付ける」ことを目指したプログラムを早稲田イーライフ(デイサービス)にて提供。プログラム作成には、科学的な取り組みの観点から、東京大学の吉岡伸輔先生に監修をいただき、早稲田大学の荒木邦子先生(スポーツ科学博士)からも制作協力をいただいています。