居宅支援の初回加算

居宅支援の初回加算

居宅支援の初回加算とは

居宅支援の初回加算とは、介護支援事業所が新規利用者に対して、新たに作成したケアマネジメント課程を実施した場合に評価する加算です。

ケアマネジメントの課程とは、利用者の居宅へ訪問、利用者もしくは家族と話し合いニーズや課題の把握し、介護サービスの担当者達間で情報共有とケアプランの原案を作って意見交換します。

できた原案を利用者もしくは家族に説明し同意を得ることができたら、ケアプランを利用者と介護サービス担当者へ交付します。

これが一連のケアマネジメント課程となります。

居宅支援の初回加算の点数

単位数は、1ヶ月につき300単位になります。

居宅支援の初回加算の算定要件

加算対象になるのは以下5つの場合です

  • ケアマネージャーが、新規にケアプランを作成する場合
    ここで言う新規とは、契約の有無とは関係なく、これから利用する居宅介護支援事業所が利用者に対して、過去2か月以上居宅介護支援を提供していない、かつ居宅介護支援が算定されていない場合のことを指します。
  • 要支援者が要介護となり、ケアプランを作成する場合。
  • 要介護者が要支援となった際、それまでケアプランを作成していた居宅介護支援事業所が地域包括支援センターより居宅を受け、新たにケアプランを作成する場合
  • 要介護状態が2区分以上変更された際に、ケアプランを作成する場合
  • 利用者が、介護支援事業所は変更したが担当のケアマネージャーは変更せず、このケアマネージャーが新規のケアマネジメント課程を行った場合

居宅支援の初回加算の注意点

以下の場合においては加算不可となります。

  • 「運営基準減算」に当てはまる場合
  • 「退院・退所加算」を利用する場合
  • 利用者の介護支援事業所はそのままで、担当のケアマネージャーが変更になった際に、新しいケアマネージャーが新規のケアマネジメント課程を行った場合
モフトレ