個別機能訓練加算

個別機能訓練加算

 個別機能訓練加算とは

個別機能訓練加算とは、通所介護、短期入所介護、特定施設入居者生活介護費において、定められた要件を満たし、利用者に合わせた個別機能訓練を行った場合に算定される加算です。

個別機能訓練加算には、「個別機能訓練加算I」と「個別機能訓練加算II」の2種類あり、それぞれ目的が異なります。

また、この加算の指導員には必ず機能訓練のみ行う専属の者が1名以上必要であり、その指導員とは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師を指します。

個別機能訓練加算の点数

  1. 「個別機能訓練加算I」が1日につき46単位
  2. 「個別機能訓練加算II」が1日につき56単位

となります。

個別機能訓練加算の算定要件

【個別機能訓練加算Ⅰ】

立つ、歩く、座るといった身体機能の向上を目指し、利用者の自立支援、日常生活の充実を目的としています。
訓練内容は、介護事業所に常勤している専属の指導員1名と、看護職員、介護職員、生活相談員その他職種の者が共同し、目的に沿ったものを中心に機能訓練メニューから複数選択し、計画して実施します。

【個別機能訓練加算Ⅱ】

ADL・家事・屋外歩行などの日常生活動作。職業能力や地域活動など社会生活への参加といった身体機能と生活能力。体と精神の心身機能。これらの維持または向上を目的としています。

機能訓練実施の時間帯に勤務する専属の指導員が1名必要です。
訓練内容は、生活の中で行われる様々な行為の中から目標を設定し、達成するために必要な動作練習を行います。

もしくは、それを模した行動を反復して行うことで、段階的に目標とする行為ができるようになることを目指します。

実践的な訓練を行う際には、事業所内であれば浴室や調理場などの設備、必要となる備品等を揃え、訓練を行うことが望ましいとされています。

個別機能訓練加算の注意点

  • 加算取得には、算定要件をクリアしただけでなく、個別機能訓練計画書が必須となります。
  • 利用者の居宅へ訪問し、利用者または家族へニーズや課題、環境についての情報収集を行います。
  • それを元に、個別機能訓練計画書を作成し、利用者または家族に個別機能訓練の計画内容を説明し、同意と捺印を得ます。
  • 個別機能訓練計画書が完成し、算定要件がクリアできれば、地域の担当課に必要な書類を揃え申請します。
  • 加算の算定後、3か月に1回以上利用者の居宅へ訪問し、訓練の進捗状況や内容、達成度などを説明し、利用者または家族の同意を得た上で見直しを行っていきます。
  • 「個別機能訓練加算I」と「個別機能訓練加算II」は併用算定することができます。
  • 個別機能訓練計画書作成の際には、「個別機能訓練加算I」と「個別機能訓練加算II」では目的や趣旨が異なるので、それを前提として作成しなければいけません。
モフトレ