入浴介助加算

入浴介助加算

入浴介助加算とは

入浴介助加算とは、デイサービス等の通所介護や、デイケア等の通所リハビリにおいて、入浴中の施設訪問者(以下、訪問者)の見守りを含む介助を行った場合に算定できる加算です。

入浴介助加算の点数

単位数は、1日につき50単位になります。

入浴介助加算の算定要件

加算対象になる入浴方法は、全身浴と全身シャワー浴です。

入浴介助での見守りとは、訪問者の自立支援や生活動作向上のための援助であり、必要に応じて転倒予防の声かけ、入浴中の気分の確認などを行います。

見守りにより体に直接触れなかった場合でも、加算の対象になります。

入浴介助加算の注意事項

以下の場合においては、加算が不可となります。
通所介護計画では入浴となっているが、訪問者の都合により入浴しなかった場合

  • 通所介護計画では入浴となっているが、訪問者の都合により入浴しなかった場合
  • 厚生労働省の基準を満たした、入浴介助の実施可能な人員もしくは設備を有して入浴介助が行われなかった場合
  • 訪問者の体調悪化により、体をタオルなどで拭く清拭や部分浴、部分シャワー浴のみ行った場合。部分浴と部分シャワー浴は、足湯や洗髪のみといった体の一部分だけの入浴であり、全身入浴に該当しないため加算の対象外となります。
モフトレ