バーセル・インデックス(BI:Bathel Index)

介護施設の売上UPならモフトレ

バーセル・インデックス(BI:Bathel Index)とは

平成30年度(2018年度)の介護報酬改定において、通所介護・地域密着型通所介護に関しても「心身機能の維持に関するアウトカム評価」の創設が、される予定になっています。

これは自立支援・重度化防止につながるサービス展開の視点から、評価期間中に利用者のADLを維持・改善させた割合が一定のレベルを超えている事業所に対して、その後の一定間、高い報酬を得られるようにするというものです。

その指標として、バーセルインデックスを使用する案があがっています。

バーセルインデックスの算定対象

算定の対象としては、以下の条件を満たしていることが前提となっています。

  • 利用者人数が一定以上である。
  • 要介護3以上が利用者全体に対して一定割合を超えている。
  • 機能訓練のほかにも食事介助・入浴介助を行なっている。

バーセルインデックスの概要

バーセルインデックスとは、できるADL(日常生活動作)を評価する世界共通の評価法です。
身辺動作と移動動作の2つの観点で全10項目があり、各項目0〜15点で点数化にして、自立度に従って合計100点満点で評価します。

評価基準もシンプルでわかりやすいのが特徴です。

総合点のおおよその目安としては、以下となります。
100点…自立している。
85点以下…介助量が少ない。
60点以下…起居活動動作を中心に介助が必要。
40点以下…介助量が多く、ほぼすべての項目に介助が必要。
20点以下…全介助レベル。

バーセルインデックスの各項目と点数

●食事
(自立)10点:自助具などが装着でき、標準的な時間内に自分で食べ終わることができる。
(部分介助)5点:おかずを細かく切ってもらうなどの介助が必要。また、食事中の見守りが必要な場合も含まれる。
(全介助)0点:全介助

●車椅子からベッド間の移動
(自立)15点:車椅子とベッド間の移動が全て自分でできる。車椅子のブレーキやフットレストなどの管理も自分で行える。
(部分介助・見守り)10点:移動の中で一部分だけの介助が必要。車椅子が必要。車椅子のブレーキ操作などに関して声かけが必要。
(部分介助)5点:ベッドから起き上がって座ることは自らできるが、移動に介助が必要。
(全介助)0点:全介助

●整容
(自立)5点:洗顔、歯磨き、髭剃りなどすべての整容動作が自分でできる。
(全介助)0点:全介助

●トイレ動作
(自立)10点:トイレの出入りから衣服の着脱、後始末にいたるまですべて自分でできる。ポータブルトイレを使用している場合はその洗浄も含む。(手すりの使用の有無は問わない)
(部分介助)5点:衣服の着脱や、後始末に介助が必要。また体を支える介助も必要。
(全介助)0点:全介助

●入浴
(自立)5点:浴槽の出入りから洗髪、洗体まですべての入浴動作が自分でできる。
またシャワー浴も可能である。
(全介助)0点:入浴に介助が必要。

●歩行
(自立)15点:45m以上の歩行が介助なしで可能。(補装具の使用の有無は問わない。車椅子、歩行器は除く)
(部分介助)10点:45m以上の介助歩行が可能。歩行器の使用を含む。
(車椅子)5点:歩行は出来ないが、車椅子操作で角を曲がることを含めた45m以上の移
動が可能。
(全介助)0点:上記以外、全介助

●階段昇降
(自立)10点:介助なしで自分でできる。(手すりや杖の使用の有無は問わない。)
(部分介助)5点:介助または見守りが必要。
(全介助)0点:上記以外、全介助

●着替え
(自立)10点:衣服以外に靴の着脱も含めてすべて自分でできる。(ボタンの代わりにマジックテープになっていてもかまわない。)
(部分介助)5点:半分以上は自分で行うことができる。時間がかかる。
(全介助)0点:上記以外、全介助

●排便コントロール
(自立)10点:失敗がなく、浣腸や座薬などの取り扱いも可能である。
(部分介助)5点:まれに失敗がある。浣腸や座薬の取り扱いには介助が必要である。
(全介助)0点:上記以外、全介助

●排尿コントロール
(自立)10点:失敗がなく、尿器などの取り扱いも可能である。
(部分介助)5点:まれに失敗がある。尿器などの取り扱いには介助が必要である。
(全介助)0点:上記以外、全介助

注意事項・ポイント

評価方法は簡単ですが、「できる」「できない」だけではなく、
・どのように行われているか。
・どの程度のどんな介助が必要なのか
をなども評価する際に観察しておく必要があります。

介護施設の売上UPならモフトレ