介護職員処遇改善加算

介護施設の売上UPならモフトレ

介護職員処遇改善加算とは

介護職員処遇改善加算は、介護サービスで働く介護職員のためのキャリアアップの仕組みを作ったり、職場環境の改善を行った事業所に対して、介護職員の賃金の改善のためのお金を支給することを目的に、平成23年度まで実施されていた「介護職員処遇改善交付金」を廃止して、「処遇改善加算の改定をした加算です。

全部で5つの処遇改善加算があります。

介護職員処遇改善加算

介護職員処遇改善加算の点数

加算Ⅰ:月額37,000円相当
加算Ⅱ:月額27,000円相当
加算Ⅲ:月額15,000円相当
加算Ⅳ:月額13,500円相当
加算Ⅴ:月額12,000円相当

※介護職員1人あたり

介護職員処遇改善加算の算定要件

1)キャリアパス要件
2)職場環境等要件
上記のどの要件を満たしているかによって、申請できる加算が変わります。

【必須要件】
・処遇改善計画を立案している。またはすでに処遇改善を行っている場合は適切に報告していること。
・労働基準法等の違反、労働保険の未納がないこと。

【キャリアパス要件】

《キャリアパス要件Ⅰ》
A. 職位・職責・職務内容に応じた任用要件を定めること。
B. Aに掲げた職位や職業、または職務内容等に応じた賃金形態について定めること。
C. A、Bの内容についての職業規則などのもので書面で明確にし、全ての介護職員に周知していること。

《キャリアパス要件Ⅱ》
A. 以下の条件を満たした計画を作成していること。
・資質向上のための計画に沿って研修機会の提供または、技術指導等を実施(OJT、OFT-JT等)するとともに介護職員の能力評価を行うこと。
・資格獲得のための支援 (金銭、休暇の取得、シフト調整など)をすること。
B. Aの内容について全ての介護職員に周知していること。

《キャリアパス要件Ⅲ》
A. 介護職員について、以下の3つの昇級する仕組みのどれかを導入していること。(複数の組み合わせも可)
・「勤続年数」や「経験年数」などの経験に応じて昇給する仕組み。
・「介護福祉士」や「実務者研修修了者」などの資格の取得に応じて昇給する仕組み。
・「実技試験」や「人事評価」などの一定の基準に基づいて昇給する仕組み。
 (ただし客観的な評価基準や昇給条件が明確に示されていること。)
B. Aの内容について全ての介護職員に周知していること。

【職場環境等要件】
・賃金改善を除く処遇改善(資質の向上、職場環境・処遇の改善)の取り組みを行うこと。
・処遇改善はただ定めて、行政に提出するだけではなく、全ての介護職員に周知してもらう方法も明らかにする必要がある。

介護職員処遇改善加算の注意事項

・加算を取得する年度の前年度の2月末日までに、介護サービス事業所等ごとに、当該介護サービス事業所等の所在する「都道府県知事等」に届出を提出する必要がある。



介護施設の売上UPならモフトレ