栄養スクリーニング加算

介護施設の売上UPならモフトレ

栄養スクリーニング加算

栄養スクリーニング加算とは

栄養スクリーニング加算は日頃、栄養素が足りていない人はいるがそのことに気づかず、その利用者の状況にふさわしいケアがされていないことがあるという課題から設立されました。
管理栄養士ではない通所介護職員でも、利用者の栄養に関するスクリーニングを行うことができ、その情報を文書で介護支援專門員にシェアした時に評価される制度です。

栄養スクリーニング加算の点数

1回につき5単位になります。

栄養スクリーニング加算の算定要件

○介護事務員が習慣的に利用者の栄養について検査を実施し、介護支援專門員と情報のシェアを行うことです。
○シェアする情報に必要な内容は以下です。
・BMI(ボディマス指数)が18.5未満ではないか
・半年の間に体重の減少が3%以上または半年の間に体重の減少が2〜3kgでないか
・血清アルブミンが3.5g/dlより少なくはないか
・食事量が75%以下ではないか

栄養スクリーニング加算の注意事項

○様式例によると以下の場合では空欄または参考値で良いとしています。
・「身長」を測定できない場合や「BMI(ボディマス指数)」「血清アルブミン値」を測定できない場合は空欄で良い
・栄養士がいない場合、「食事摂取量」は参考値で良い
○算出は6ヶ月に1回のみ、実施することが可能です。
 算定に必要な情報があればこの4月からでも届けを提出することは可能です。
○利用者ごとに実施されるケアマネジメントの一部分として、この加算の算出に関わるスク      リーニングを実施することを心に留めておくことが必要です。
○この加算の算出を実施する事業所はサービス担当者会議にて選出されます。この会議にて選出された事業所は基本、この加算の算出に必要なスクリーニングを続けていくことが定められています。
○利用者がこの加算の算出をすることができるサービスを複数使用している場合、使用しているサービスの実績時間や内容などを考慮しサービス担当会議にて検討、介護專門員が最終判断を下します。

介護施設の売上UPならモフトレ