個別機能訓練加算Ⅰ

介護施設の売上UPならモフトレ

個別機能訓練加算Ⅰとは

個別機能訓練加算には、個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの2種類の加算があります。

個別機能訓練加算Ⅰは、立つ、歩く、座るといった筋力・バランスなどの身体機能の向上を目指し、利用者の自立支援、日常生活の充実を目的としています。

訓練内容は、介護事業所に常勤している専属の指導員1名と、看護職員、介護職員、生活相談員その他職種の者が共同し、目的に沿ったものを中心に機能訓練メニューから複数選択し、計画して実施します。
主に、大きく筋トレやストレッチなどの身体機能に対する機能訓練
と、咀嚼・嚥下訓練
やパーキンソン体操などの疾病・疾患予防に対する機能訓練の2種類があります。

個別機能訓練加算Ⅰの点数

1日につき「46単位」

個別機能訓練加算Ⅰの算定要件

(1)義務として、「常勤専従」の理学療法士等を1名以上配置していること。
(2) 利用者様が自分で選択できる、利用者の自立の支援、日常生活の充実を目的とした機 
  能訓練の項目を「複数」のグループ活動を計画すること。

(3)機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員、その他の職種の者が共同し、機能訓練計画書を作成・実施していること。
(4)3ヶ月に1回以上、利用者やその家族の居宅を訪問した上で、その内容や状況を説明し、訓練内容の見直しを行っていること。
(5)算定要件を満たしているか確認した上で、各市区町村に届出を申請すること。

個別機能訓練加算Ⅰの注意事項

・機能訓練指導員でなくとも機能訓練指導員のもとであれば、他の職種のスタッフでも機能訓練練を実施することは可能である。
・人数の制限はない。複数の「グループ活動」という形で実施することができる。

介護施設の売上UPならモフトレ