個別機能訓練加算Ⅱ

介護施設の売上UPならモフトレ

個別機能訓練加算Ⅱとは

個別機能訓練加算には、個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの2種類の加算があります。

個別機能訓練加算Ⅱは、「基本動作訓練」「日常生活動作訓練」「家事動作訓練」「趣味・余暇活動」「社会参加」などの5つ生活目標を達成するために段階を追った訓練を行うことで得られる加算である。趣味や地域などの活動に参加できたりなど利用者が自立した生活を営めることを目的とした生活動作に関連した動きを反復する訓練が望ましいとされています。

個別機能訓練加算Ⅱの点数

1日につき「56単位」

個別機能訓練加算Ⅱの算定要件

(1)義務として、常勤でなくとも「専従」の理学療法士等を1名以上配置していること。その他、算定に関しては非常勤の機能訓練指導員の配置でも可能である。
(2) 目標に応じて主に生活動作に関連した動きを反復する訓練を行う。

(3) 同じ目標を持った利用者で構成された、「5名程度以下」の少数団体に対して実施する。なお個別対応も可能である。
(4)機能訓練は目安として週1回以上実施すること。
(5) 3ヶ月に1回以上、利用者やその家族の居宅を訪問した上で、その内容や状況を説明し、訓練内容の見直しを行っていること。
(6) 算定要件を満たしているか確認した上で、各市区町村に届出を申請すること。

個別機能訓練加算Ⅱの注意事項

・指導は機能訓練指導員が直接しなければならない。
・少数団体で行うときは「5名程度以下」で実施する。

介護施設の売上UPならモフトレ